民放で云う「テレビ東京」的なサイトを目指すネタ系ウェップログ&たまに日記でうっほっほ
RSS更新情報

カテゴリ: メディア中国史 | コメント(0)

今日の朝、ネット見てたら面食らったので羅列る。
時事ドットコム:三国志・曹操の墓発見=副葬品に「魏武王」、遺骨も-中国河南省より引用。

新華社電によると、中国河南省文物局は27日、北京で記者会見し、同省安陽県安豊郷西高穴村で発掘された後漢時代の墓が、三国志の英雄で魏の始祖、曹操(155~220年)の墓「高陵」と確認されたと発表した。
矛や枕などの副葬品に「魏武王」の銘文があったことを最大の根拠とし、出土した男性の遺骨が60歳前後と推定され、歴史書に記載された享年と符合するという。

三国志「曹操の墓」と断定…河南の墳墓、遺骨確認・副葬品の数々も(サーチナ) – Yahoo!ニュースより引用。

曹操の墓と伝えられている陵墓はほかにも多く、安豊郷西高穴村の“曹操”高陵を「根拠のない伝承」と疑う声も多かった。
河南省文物局の陳愛蘭局長によると、墓の規模や状況などが当時の記録と合致し、内部の壁画も後漢末から魏にかけての時代のものと判断できた。
最も有力とされた証拠は、「魏武王」との文字が刻まれた石牌が発見されたこと。
記録によると、曹操は「魏公」ついで「魏王」に封じられた(地位を与えられた)。
死後に贈られた諡号(しごう)は「武王」で、出土した石牌と一致する。

曹操の墓キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!! – 枕流亭ブログより引用。

河南省安陽県安豊郷西高穴村の西高穴村2号墓地。
「魏武王常所用格虎大戟」の石碑あり。
3体の遺体があり、1体は60数歳の男性、2体は女性で、20数歳と40数歳くらい。
墓道の長さ39.5メートル、幅9.8メートル。墓室の最深部は地表から15メートル。墓の平面はほぼ梯形で、東辺幅22メートル、西辺幅19.5メートル、東西長18米。面積740平方メートルあまり。
銅帯鈎、鉄甲、鉄剣、玉珠、水晶珠、瑪瑙珠、石亀、石壁、石枕、刻名石牌など出土器物は200点あまり。
ええと、いろいろこれからですが、第一印象をいうと、
薄葬じゃねえよ!!!
2009122802.jpg

その墓がある場所ってのが、曹操の本拠地だった鄴城から三十里、西門豹祠の西の高地に位置しており、
(「西門豹」とは春秋戦国時代に治水で褒められたおっちゃんの名前)
曹操の遺令によると、死ぬ二年前に西門豹祠の西の高原に葬ってくれ~と指示している事から、位置的にはドンピシャ
─────なんだけれども~。
こんな立派な陵墓が死後1800年もの間、1回も盗掘にも遭わずに今になって発見されたっつーのが、なーんとなく胡散臭く感じてる訳で、自分の中で「間違い無い」と認めるには後1ヶ月ほど必要だなと思った次第。
取りあえず今後の動向に注目ですね、個人的に。
ちなみに「盗掘防止のため、72の偽の墓を造らせた」っつーのは羅貫中の創ったガセだぞっと。


投稿者: Udoso | 投稿日: 2009/12/28 11:00 AM | コメントを書く

カテゴリ「メディア」の最新記事

カテゴリ「中国史」の最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

すし家
商品リンク
業界初!人工知能を搭載した近未来商品リンク集その名も (※特許出願中)
最終更新:
2017/06/20 02:31 PM

Copyright© 1998-2017(チキン) Sugi-Udoso All rights reserved.

▲ページの先頭へ▲