民放で云う「テレビ東京」的なサイトを目指すネタ系ウェップログ&たまに日記でうっほっほ
RSS更新情報

カテゴリ: メディア | コメント(3)

2006091901.jpg
asahi.com:駐日米国大使、牛丼かき込み「お祝いの日だ」 – 暮らしより引用。

東京都港区の吉野家虎ノ門店には18日、午前11時の開店と同時にシーファー駐日米国大使夫妻が来店。
「大盛」の牛丼をかき込み、親指を立てておいしさをアピールした
大使は「今日は米国産牛肉が日本にカムバックしたお祝いの日だ。2年以上も待ったかいがあった」と満足した様子。
意見の相違を克服して再輸入が認められたことは、日米双方にとって素晴らしい」と喜んだ。

なお、その場に居合わせた客は全員中指を立てた、と 〆(・・ )
取り合えず牛丼が復活っつーのは目出度し目出度しだと思いますが、
牛丼が大好きだったあの頃に戻れるかといったら何とも云えない所。
まぁ、人によっては考え方は違うと思うんですがね。
# 個人的には豚丼の方が好き。


投稿者: Udoso | 投稿日: 2006/09/19 11:41 AM | コメントを書く

カテゴリ「メディア」の最新記事

3 件のコメントがあります。

  • 1
    つかぽ(ry says:

    俺は松屋派なので関係なし。
    出勤途中吉野家の横を通った時に大行列出来てて噴いたw(2軒)

  • 2
    NowPrinting says:

    以前,日本のBSE問題で,安全だってイイながら牛肉食ってた大臣がいましたな。
    政治家のパフォーマンスって,どこの国も同じようなもんなんですねぇ。
    牛丼のおいしさをアピールした程度であって,安全性をアピールできているわけではないことが分からないのかなぁ・・。

  • 3
    Udoso says:

    > ツ様
    松屋で好きなのは、おろしポン酢のみ。
    おろしポン酢の海の上で、肉が泳いでるのを見るのが何よりの楽しみです。
    > なうぷりんてぃん様
    ああ、確か坂口とか坂口とかクチビルとか坂口とかクチビルとかですよね、食べたヤツって。
    つーか、事前に試食用の肉を厳重な品質管理及びチェックをしてるから、
    いくらおいしそうに食っても、全く持って信用ならん訳で
    いっその事、アメリカに行って、
    生きてる牛に直接かぶりつく位のパフォーマンスを見せれば良いかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

すし家
商品リンク
業界初!人工知能を搭載した近未来商品リンク集その名も (※特許出願中)
最終更新:
2018/03/29 10:13 PM

Copyright© 1998-2018(ワンワンヌ) Sugi-Udoso All rights reserved.

▲ページの先頭へ▲