民放で云う「テレビ東京」的なサイトを目指すネタ系ウェップログ&たまに日記でうっほっほ
RSS更新情報

カテゴリ: 雑学 | コメント(2)

2006063003.jpg
(上記画像はこちらのページより取得。)
学生の頃、自分の尻が綺麗な曲線を描いている事に気づき(色は汚い)、
「オレの尻は『100万ドルの尻』だぜ~」
と周りに吹聴して回った事があるのですが、
それがきっかけでもう一名、尻が綺麗なお友達を発見。
意気投合した結果、「2000万パワーズ」に対抗して
「200万ダラーズ」
と云ったユニットを結成するに至ったのですが、ユニットといっても何をするべきかが特に思い浮かばず、いたずらに歳を重ねていった結果、100万ドル→2万ドルに暴落して現在に至っております、「うどそ。」です。(相方とは音信不通です。)
さて、神戸や函館等で有名な「100万ドルの夜景」に関するエントリ。
夜景の価値より引用。

神戸の100万ドルの夜景は、1953年(昭和28年)に当時の電力会社の副社長が命名したと言われている。
六甲山から見渡す神戸・芦屋・尼崎・大阪の電灯にかかる1ヶ月の電気代が約4億2900万円、当時のレート1ドル360円で換算すると約120万ドルとなり、キリのいいところで100万ドルというわけ。

てっきり「100万ドル」の価値があるからだとか思っておりましたが、なーるほど、夜景にかかる電気代の事だったんですね。
ちなみに、現在の神戸の夜景は「1000万ドルの夜景」とも呼ばれているとの事。
昔と比べて電気を使う量が多くなったのか、他の夜景との差別化を図っているのかは良く知りませんが、そこにムードもへったくれも無いわな。
まぁ、個人的には神戸は一回行ってみたい所。
夜景じゃなくて、コレだけど。
【関連リンク】
兵庫県夜景・ライトアップ壁紙写真集 無料写真素材集
100万ドルの夜景 ここで言ってるのはホングコング
100万ドルの夜景は片道5,000円で見る – [鉄道旅行]All About ここで言ってるのは函館


投稿者: Udoso | 投稿日: 2006/06/30 02:15 PM | コメントを書く

カテゴリ「雑学」の最新記事

2 件のコメントがあります。

  • 1
    NowPrinting says:

    なんか昔聞き及んだところによると
    アメリカ(だったかな)では,「すごい(大きい・たくさんなど)」場合に形容詞として「ミリオン(100万:単位)」を使ったとか。
    ほら,たくさん売れた本を「ミリオンセラー」とかいうじゃないですか。
    今じゃアレですが,昔は100万冊売れてなくても「ミリオンセラー」って宣伝してたようで。
    というわけで,100万㌦の夜景は「すんごいキレイな夜景」という程度の意味だとか。
    残念ながら,なぜ「㌦」なのかは覚えてないです。
    夜景を宝石にでも例えたのかな。
    ちなみに,「1000万㌦のナントカ」というのは,それを知らない日本人が「100万㌦のナントカ」に対抗して勝手に付けたものだろうという,なんか本当のようで嘘のような話です。

  • 2
    Udoso says:

    なるほど、強いて言えば
    「最新全米映画興行収入ランキングで初登場第1位」
    って感じのイメージですね。
    確かに調べてみると、100万ドルの語源に関する情報が大体神戸の夜景であって、
    函館とか香港とかを例に取り上げてないんですよね。
    もしかしたら、「100万ドルの○○」の意味が違ってるは神戸だけかもしれませんなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

すし家
商品リンク
業界初!人工知能を搭載した近未来商品リンク集その名も (※特許出願中)
最終更新:
2018/03/29 10:13 PM

Copyright© 1998-2018(ワンワンヌ) Sugi-Udoso All rights reserved.

▲ページの先頭へ▲