民放で云う「テレビ東京」的なサイトを目指すネタ系ウェップログ&たまに日記でうっほっほ
RSS更新情報

お知らせ

◆やっと涼しくなったので更新始めます。(2016/09/07)
◆PCのある部屋はエアコン設置が許されていない為、更新はおろか近寄る事すら出来ない状況である。(2016/08/11)
 

カテゴリ: サイト | コメント(0)

2005030801.jpg
2005 Snow Sculpture Championships
翻訳の意味が正しければ毎年行われる「雪の彫刻選手権」の作品集らしいんですけど、どれを見てもクオリティが高くて脱帽ですな。
ちなみにリンク先から2004年以前が見れますです。
【関連リンク】
Japanese JoongAngIlbo: 「さっぽろ雪まつり」にC・C・Bのメガネの方の雪像


投稿者: Udoso | 投稿日: 2005/03/08 02:01 AM
カテゴリ: うどそ。 | コメント(18)

どうも激しくこんばんわ、「うどそ。」です。
新たにドメインを取得して、ここ(skmwin.netに移転して参りました。
ついでにサイト名称も「SukimaWindowsPlus」に変更しましたが、基本的には何も変らないと思われます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

続きを読む


投稿者: Udoso | 投稿日: 2005/03/08 02:00 AM
カテゴリ: メディア | コメント(0)

CNN.co.jp – こぼれ話より引用。

北京――中国教育省は13日までに、同国の小学校用国語の教科書に記述されている「万里の長城は宇宙から肉眼で見える」の部分を削除するよう出版社に指示したと述べた。

(中略)

教科書では、宇宙から肉眼で視認出来る地上の構造物として、長城とオランダにある大堤防を紹介している。中国が昨年10月に成功した、有人宇宙船の飛行士が「長城は見えなかった」と指摘したことから、教科書の表現は科学的ではないなどの批判が出ていた。

だーまさーれたーヽ(`Д´)ノ
騙された人達をGoogle 検索
でも、中国が有人宇宙船で判明されたって事はそれまでは中国は見えてるかどうかは知らなかった、って事だよねぇ。
という事は「宇宙から長城が見える」って話はドコから来たんでしょうか?
捏造的中華人民が巧みにデマを広げたのか、本当は見えてたんだけど、観光客が長城の破片を持ち帰りすぎたせいで見えなくなったとか。


投稿者: Udoso | 投稿日: 2005/03/07 11:51 PM
カテゴリ: メディア | コメント(0)

2004031502.jpg
NT総研@BLOGさんからメールでタレコんで来ました。
日本プロレスの黄金時代を築いた「あの男」が今度はコンドームの黄金時代を築く模様、dahhhh!!
【楽天市場】スリーハート:ポケットサイズ・コンドームより引用(ページ真ん中)

数々の異種格闘技戦に挑んできたアントニオ猪木がコンドはAIDS撲滅に挑む!そんな猪木のパワーをコンドームに託し、元気の無い若者のハートに闘魂注入。
若者よ立ち上がれ!迷わず使えよ、使えばわかるさ dahhhh!! ピンク6個入り

「ピンク6個」つー所で、完全に現実に引き戻されましたが、猪木好きな人は是非装着して悦に浸ってみてはそうでしょうか?
猪木気分にはならないと思うけど。
関連→【楽天市場】闘魂 SHOP:■アントニオ猪木グッズ■


投稿者: Udoso | 投稿日: 2005/03/07 11:42 PM
カテゴリ: メディア | コメント(0)

ネタ元はABC(アメリカン・バカコメディ)振興会さん所より。
スペインにて交通事故で感染症にかかった腕を一旦切断し、股間に移植したそうです。
Ω ΩΩ ナ、ナンダッテー!
事故で切断した腕を股間に移植手術: ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会より引用。

切断した腕を元の位置に移植するまでの間、腕が伝染病にかからず正常なままで保存されるために、医師は切断された腕をサリオさんの太ももの付け根の血管に移植するという世界で初めての手術をした。

(中略)

手術は無事成功し、9日たっても左腕は正常に”生きて”機能していたので、股間から元の場所に戻す手術が再度行われた。

その後、間違えて股間を左腕部分に付けた、と。 〆(・・ )
いやいやいや、結局無事に左腕を元に戻すことが出来たそうです、良かったですねー。
しかし、股間に腕がくっついてるってどんな気分なんでしょーか。
体験してみたいような、したくないような。


投稿者: Udoso | 投稿日: 2005/03/07 11:41 PM
カテゴリ: メディア | コメント(0)

人生の最後の最後でイヤなフェイントに遭ってしまった、デブ死刑囚のお話。
記事→Japanese JoongAngIlbo

肥満の女性囚人が死刑台に上がったが、ロープが切れたため死刑をやり直すという事件が1日、ヨルダンであった。
児童殺人容疑で、首都アンマンの南100キロ地点にある刑務所に服役中だった21歳の女性死刑囚はこの日、絞首刑執行過程でロープが切れたため、地面に落ちた。
恐怖で真っ青になった死刑囚を落ち着かせた後、新しいロープで死刑が執行された。

死ぬ直前の人間をどうやって落ち着かせる事が出来たんだろうか?
非常に興味がそそられるのと同時に落ち着かせた執行人の非凡な話術に乾杯。


投稿者: Udoso | 投稿日: 2005/03/07 11:38 PM
すし家
商品リンク
業界初!人工知能を搭載した近未来商品リンク集その名も (※特許出願中)
最終更新:
2018/03/29 10:13 PM

Copyright© 1998-2018(ワンワンヌ) Sugi-Udoso All rights reserved.

▲ページの先頭へ▲