民放で云う「テレビ東京」的なサイトを目指すネタ系ウェップログ&たまに日記でうっほっほ
RSS更新情報

カテゴリ: メディア | コメント(0)

2009121103.jpg
2007年に事業停止した日本テレネットが過去に発売していた
「夢幻戦士ヴァリス」を初めとする100タイトル以上のゲームの版権を、
「いっき」でお馴染のSUNSOFT(サン電子株式会社)が取得した、と12月10日に発表された模様です。
「ヴァリス」などテレネット版権をサン電子が取得 – ITmedia Newsより引用。

サン電子は12月10日、日本テレネットが販売していた「夢幻戦士ヴァリス」などのゲームコンテンツの版権を取得したと発表した。
また「超惑星戦記 メタファイト」の海外版をWii向けに配信し、北米市場に27年ぶりに再参入。「SUNSOFT」ブランドでグローバル展開を積極的に図っていく。
日本テレネットは2007年に事業を停止していた。
サン電子が取得したのは、ヴァリスや「アークス」「エグザイル」「グラナダ」「天使の詩」「緋王伝」シリーズなどが含まれる。自社コンテンツに積極的に活用するほか、他社へのライセンス提供にも対応していく。

MSX時代からテレネット様には良ーーーくお世話になっていたワタクシにとって
2006年頃の「ヴァリス」と「アークス」エロゲ化の話を聞いたときは、
何か大事なモノが崩れ落ちたようで、とてもとても切なくなってしまった訳なんですが、
そこそこ順調なSUNSOFTに委ねられた事で、
”いっき”の竹やりが優子のアナルに挿入されない限り、真っ向な道へと進んでくれることでしょう。
まぁ、これからが大変なんだろうけど、ともあれ良かった良かったー。
そういや、同じく版権取得した「エグザイル」ってゲームは
「主人公の中東当りの暗殺者(アサシン)が
 最終的に某国書記長と某国大統領をブチ殺す」 ※ ネタバレ注意だよ!
と云うきわどいあらすじだったんだけれども、
確か主人公の回復アイテムの名前がハシシ、ヘロイン、マリファナといった麻薬オンパレードで、
ある意味「エグザイル」は今リメイクすれば

じゃねぇかと思う。


投稿者: Udoso | 投稿日: 2009/12/11 12:59 PM | コメントを書く

カテゴリ「メディア」の最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

すし家
商品リンク
業界初!人工知能を搭載した近未来商品リンク集その名も (※特許出願中)
最終更新:
2017/06/20 02:31 PM

Copyright© 1998-2017(チキン) Sugi-Udoso All rights reserved.

▲ページの先頭へ▲