民放で云う「テレビ東京」的なサイトを目指すネタ系ウェップログ&たまに日記でうっほっほ
RSS更新情報

カテゴリ: 雑学 | コメント(0)

# 2004-05-11 12:42:56
2004051004.jpg
グアム島から飛行機で1時間ほどの距離の場所に「ヤップ島」と云う島があります。
丁度グァムとパラオの間に位置する島でダイバーの間では結構メジャーな島らしいんですが、その島では「ライ」と云う石の通貨が使われているそうです。
中には直径3.5メートル、4トンの重さの貨幣もあるそうで。
マンタレイ・ベイ・ホテル- 石の貨幣、ヤップ島より引用。

ヤップ島では米ドルが普通の通貨として使用されていますが、現在でも結婚の持参金土地の代金の支払いなどの取引に、まだこの石の貨幣が使用されています。

(略)

Rai個々の価値はその大きさだけで決まるのではありません。 その形、石のクオリティ、そしてもっとも重要なのは入手の困難さなのです。 道中で嵐に出くわした(よくあることなのですが)り、人命が失われたりなど、安全に持ちかえるために要した努力が大きければ、その苦労が価値を高めたのです。

そもそも石の貨幣はヤップ島で採れたものでは無くて、隣国の島パラオの石切場から採ってきて、カヌーで自分の島まで運んでいたとか。
その為、大きさ・品質よりも、運んだときにどれだけ苦労したかでその価値が決定するそうです。
つーか、大きさと比例する事には間違いないと思いますがね(4トンは運べない)
どちらにしろ石を盗む奴なんて殆んど居ないんだろうな。
ある意味、全財産を「ライ」に替えても問題ないくらい。
 
 
近所のスーパーに行くときはどうしよう。
 
【関連リンク】
ヤップ島に行ったサーハーさんのレポート
ヤップ島とは全く関係ない石のお金を投げ合うゲーム(フリーウェア)


投稿者: Udoso | 投稿日: 2005/03/13 02:08 PM | コメントを書く

カテゴリ「雑学」の最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

すし家
商品リンク
業界初!人工知能を搭載した近未来商品リンク集その名も (※特許出願中)
最終更新:
2018/03/29 10:13 PM

Copyright© 1998-2018(ワンワンヌ) Sugi-Udoso All rights reserved.

▲ページの先頭へ▲